知る人ぞ知る初日の出スポット—JR埼京線北戸田駅

先日たまたまスマホでネットを見ていたら、「初日の出が拝める駅」というタイトルの記事が目につきました。2016年12月31日午前6時配信の東洋経済オンラインの記事です。
どんな記事なのか興味を持って読んでみると、初日の出が拝める駅として、根府川駅(東海道本線、神奈川県小田原市)、日立駅(常磐線、茨城県日立市)、鎌倉高校前駅(江ノ島電鉄、神奈川県鎌倉市)、二子玉川駅(東急田園都市線・大井町線、東京都世田谷区)、高井戸駅(京王電鉄井の頭線、東京都杉並区)などがあげられていました。初日の出を拝めるのは、やはり海沿いの駅や高架の駅が多いようです。
でも私は、記事に載っていない駅で初日の出を拝みます。JR埼京線の北戸田駅(埼玉県戸田市)です。数年前に地域ミニコミ誌で紹介されていたのをきっかけに、元旦の朝に行くようになりました。地上5−6階くらいの高さで、周りに遮るものがあまりないため、ホームの新宿寄りで初日の出を拝むことができます。といっても太陽が昇るのは地平線や水平線ではなく、建物の間からですが、それでも毎年数名から十数名が初日の出を目当てに北戸田駅のホームに立ちます。
北戸田駅は東洋経済オンラインの記事に取り上げられるほどメジャーではないかもしれませんが、知る人ぞ知る初日の出スポットだといえそうです。http://www.newporter.biz/