渡り鳥・渡辺喜美、希望の党から門前払いを食らう。

渡辺喜美参院議員は「希望の党」から衆院選栃木3区への立候補すると意気込みを語っていましたが、ここに至って立候補を断念すると発表しました。本人は「断腸の思いであきらめる決断に至った。参議院に残ってほしいと小池百合子さん側からの要請があった」と語っていますが、実際には希望の党から門前払いを食らった形になります。その理由は渡辺氏の渡り鳥ぶりが広く知れ渡っているからに他なりません。渡辺氏は自由民主党を離党後、自ら設立したみんなの党を設立。しかし、みんなの党が予想より支持を集められないと分かると、みんなの党を解党。その直後の衆院選では無所属で立候補するも落選。そこで2016年、おおさか維新の会から立候補して国政復帰したのですが、東京都議選で「都民ファーストの会」を支援したため、日本維新の会から除名されています。このように、渡辺氏は強者にへつらい、弱者を見捨てる政治家として知られているのです。いくら希望の党が新党だからとは言え、こんな議員をメンバーに加えるわけがありません。日々の行いがいざという時の人間への評価に繋がる。渡辺氏が身をもって教えてくれた教訓ですね。